中期経営計画

中期経営計画(2022年2⽉期〜2024年2⽉期)

計画策定の前提について

当社は、2024年2月期を最終年度とする3か年の中期経営計画を策定しております。
・事業ポートフォリオについて 当社グループにおける営業収益の96%はディスカウントストア事業であり、 同事業の既存店強化を図っていることから、 ディスカウントストア事業を中心とした中期経営計画を策定しております。

方針

1.総合DSのあるべき姿を追求
・ 既存店収益力向上(バリューアップ)

2. 成⻑分野の創出・育成の為の投資
・オムニチャネル構築を推進する為のDX投資
・既存店バリューアップ、オペレーション効率化の為の設備投資、DX投資
・新規出店、新規事業に関する投資   
・他社との業務提携、M&Aを含む資本提携に関する資本投資

3.投資計画と投資効率に関する考え⽅   
・WACCは3%程度で推移しており、ROICはそれを上回る水準で推移している為、引き続き、この水準を維持しながら、成⻑分野への投資や既存店バリューアップの投資を行っていく
・D/Eレシオは1倍を基準に投資、資金調達を計画するが、取り組む投資案件により柔軟に対応する
・既存店成⻑の為の投資を中心とするが、新規事業や新フォーマットの実験、オムニチャネル化をはじめとした、DX関連への投資も行い、ミスターマックス全体の企業価値向上を目指す

ESGへの取り組み

持続可能な社会の実現への貢献へ向けて サステナビリティ委員会を設置し、7つの重要課題(マテリアリティ)に対する具体策に取り組んでいます。 当社のサステナビリティに関する詳細はこちらからご覧ください。

詳細事項は、ファイルよりご確認ください。